病院案内

糖尿病を知ろう

糖尿病とはインスリンの働きが十分でなかったり、量が不足してブドウ糖がうまく利用されずに血糖値が高くなった状態です。

高血糖状態が続くと合併症が発症、進行して日常生活に支障をきたすようになります。
しかし、正しい治療をきちんと続け、血糖値を 良い状態にコントロールすることで糖尿病でない人と同じ生活、人生が送られます。

そのためにも、まず糖尿病に対する正しい知識をもち、それまでの生活習慣を見直し、 悪い生活習慣を改善することです。

治療の基本

治療の基本となるのが「食事」と「運動」です。食事と運動をきちんと行っても血糖値が改善しないときに、飲み薬やインスリン注射が開始されます。
治療で大切なことは定期的な通院で、決して治療を中断しないことです。
治療を中断するとコントロールの良い人でも悪化し、合併症を発症したり進行することがあります。


患者指導の特徴

当院は1人ひとりに応じた生活指導に力を入れています。
患者指導には当院で作成しました「クリニカルパス」を用いています。

主な指導内容は次の通りです。

・食事指導 ・運動指導 ・インスリン指導 ・服薬指導 ・低血糖指導 ・血糖自己測定指導
・コントロール不良の話し合い ・合併症について ・海外旅行 ・足の手入れ
・シックデイ時の対応 ・電話による血糖報告の対応 ・24時間電話対応
・患者さんの悩み相談の対応など。


「足の手入れ」を行っています。
糖尿病患者さんにとって足の手入れは重要です。小さな傷や怪我が足病変のはじまりとなり、最悪の場合は足の切断となります。
当院では高齢で、また視力障害のため1人で爪切りが困難の方には、看護師が爪切りを行っています。
また、胼胝(タコ)・うおのめ・軽い巻き爪なども対応していますので処置を希望の方は看護師まで申し出てください。


糖尿病教室のご参加、お待ちしています。

昭和54年の開院以来、週に1回、糖尿病教室を開催しています。
糖尿病の新しい知識や正しい技術を1人でも多くの患者さんへ伝え、患者さんが糖尿病と上手に付き合えるようにという方針のもとに行っています。

毎週木曜日に開催。
AM9時30分〜10時までは看護師、栄養士、検査技師が担当します。
AM10時〜10時30分までを医師が担当します。

糖尿病教室の内容
食事療法、運動療法、薬物療法、合併症、低血糖など糖尿病に関するものから、血圧、ストレス、高脂血症、感染症など日常生活に即した内容まで多彩です。 検査や診察、会計までの待ち時間を利用して是非参加してください。

ご家族の方も自由に参加できます。

患者会「糖友会」に入会しませんか

糖尿病について一緒に勉強しましょう。
毎月「さかえ」の冊子と「弥生」の新聞が届きます。糖尿病に関する新しい情報や患者さんの体験談などが満載です。
年会費は3100円です。
入会希望者は事務にお申し込みください。